ちらり~鼻から・・・?何っ?!
e0090970_22335249.jpg

なんか、たまたま撮った写真・・・鼻から牛乳~みたいでしょ?なんじゃこりゃ~??(笑)

さてさて・・・クリスマスですね~なんか、街角とかにカップルが増えてきてる気がしますが・・・。人は、なぜ人を愛し続けるのか・・・?これは私にとっても本当に当てはまることで、数々の失敗を繰り返し、かなりひどいダメージを受けているのにもかかわらず、再び一緒に寄り添う人が居たらな・・・?なんて、思ってしまう。
そもそも生まれ育った環境も考え方も違う赤の他人が、一緒にいてすべてうまくいく訳がないし、この年になっちゃったらますます柔軟性が無くなってきて、マイペースな生活に慣れてきているのに、それでも人肌が恋しくなってきたり・・・。マイペースを崩しても、パートナーが欲しいっ!!と考えたり・・・。
シェークスピアの「ヴィーナスとアドニス」の作品の中で、「愛は食べ過ぎることがない。」というセリフがあるのですが、本当にその通り・・・。ちょっと笑ってしまうけど、最近自分を「人間らしくてかわいいじゃんっ!!バカでも、なんでもいいから、人を愛し続けることの出来る人間でいよう~!」と街角のラブラブカップルを見て、そんなことが頭によぎる今日この頃でした。
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-23 23:17 | Comments(4)

紅葉がきれいだね~
e0090970_16541290.jpg

紅葉がきれいな時期になってきたね~秋だわぁ・・・。毎年、夏が大好きすぎて(夏生まれだしっ)秋になると、気分がブルーになって、冷え性だから身も心もさぶぅ・・・。だったけど、ちょっと私の中にも情緒を楽しむようになってきたみたいで、最近葉っぱの色がだんだん変わっていくのを見るだけで、なんかかわいい・・・。なんて、感じてきた。(そんな私がかわいいっ!うふっ)

私は小さい頃から絵を書くのが大好きで、油絵なんかもたまに自己流で描いたりするんだけど、色を作るのって大変で自然の色を見るたびに、神様はなかなやるな・・・。こんな、美しい色をいっぱい作りだしちゃって・・・。と思う。

どれだけの才能をもってるアーティストでも、自然の美しさを超えるアートは難しい・・・皆さんも、今しか楽しめない、今の紅葉をみてちょっとほわ~ん・・・として見ては?!
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-22 17:14 | Comments(5)

吉本新喜劇を見にいったよっ
e0090970_22284783.jpg

今日は、吉本新喜劇を見に行きました。関東出身のお友達が、「見たことない~!let's go~!」と、言うので見に行ってきました!私は、大阪生まれの大阪育ちなので毎週土曜日お昼にお家に帰ってきて、吉本新喜劇をテレビで見ながら、お昼ご飯を食べて育っているのですが、やっぱり生で見るのは楽しい!!あの、お客さんとステージのコラボレーションは、大阪ならではだぁ~と感じました。みんな、「笑うぞ~!!ステージ一緒に盛り上げたろかぁ~!!」っという一体感は、あの空間にいないと伝わらない!笑いのパワーってすごいし、一緒に笑ってると、なんか隣の席の人たちもみんな仲間みたいに感じちゃう。(笑)

帰りに、ご飯を食べながらその友人は何気なく私に言った・・・。「笑ったら、病気なんて治るから!!それは、医学的にも立証されてるし!!だから、吉本見に行こうと思って・・・。」その気持ちが嬉しくて泣きそうになった。なんにも、意味なく一緒に行こう~!と言われたのが、そんなことまで考えてくれてたんだ・・・と。

確かに笑いのパワーってすごい!!と思う。自分がしんどい渦中にいるときは、見るものすべてがグレーに写ってしまい、出会う人達のやさしさも変に受け入れることが出来なくて、かたくなになってしまうときがある。同じセリフを言われても、自分の状況で随分とり方が変わってしまうときもある。

小さい頃、よく騙されてばかりいる自分の母を見て、私は絶対こんな大人にはならない!!もっと、しっかりしてあまり人は信用しちゃだめなんだ!!と心に決めていた・・・今、自分の人生を振り返りよく考えてみると、母にそっくりな生き方をしてるかも・・・?と感じている。それは、この人はきっと私を騙そうとしてたくらんでいるんだ!!と、疑いながら日々過ごし、結果騙されない人生よりも、この人を信じて生きてみよう!!と、幸せな日々を過ごし、結果騙される人生を選んでいる自分がいるから・・・。「人を騙して傷つけるより、自分が騙されれるほうがいい・・・。」母のバカだけど純粋なセリフの凄さが、ちょっとづつわかる年になってきたような気がする・・・。
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-21 23:21 | Comments(2)

ぶうぶうキュートなBABAY No.2
e0090970_17165826.jpge0090970_17172647.jpg
















この写真が、ブーブーキュートなBABYのパパとママ!!なんか、どっちにも似てないねぇ・・・
今日は、家族3人で仲良く 赤ちゃん本舗に行ってますよ~。この当たり前のような日常生活が
とっても、ラブリーよねっ!!
実は、このBABYママのYUMIとはな~んとっ 私が3歳からの幼なじみで兄弟以上にぜ~んぶお互いの過去を知っている・・・人生、一緒に生きてきたな~と、思える私のとっても大切な親友。小さい頃は、まるで双子のようにず~と毎日ほとんど一緒にいたので(家が隣りだったから)
仲良しなぶん、めちゃめちゃケンカも激しくそしてお互い気が強いので、女子プロレスラーもびっくりするくらいの戦いをよくしていたし、「もう、絶交!!!」(両手の人差し指の先を合わせて、相手にスパ~ン!と、切ってもらう動作付きで)と100回以上 縁を切っているのに、なぜか次の日になると二人共とも忘れて又いっしょに遊んでいた。
大人になってもよく一緒につるんでいるので、このブーブーキュートなBABYの写真をついつい載せてしまうのですが、このBABYが今後 どのようにかわいい~くなっていくのか、(かわいくならなかったら、どうしよう・・・。)こう期待!!
このBABYのパパは、「伊東美咲みたいに将来なるよ!!」と自信満々です。(笑)
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-20 17:22 | Comments(1)

メディアオンラインはもう、チェックした?
e0090970_240392.jpg

先日、マイクロソフトでナレーション&MCをさせてもらい、「うわぁ~未来映画みたいな生活だぁ・・・」と感激しましたよっ 是非、未来に乗り遅れないように メディアオンライン!チェックしてねっ
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-20 02:40 | Comments(4)

阪神タイガース 平田ヘッドコーチ祝賀会でMC&歌わせてもらいますよ~!
e0090970_21353151.jpg
皆さん~12月2日(金) 18時~ホテル阪神で 阪神タイガース平田勝男ヘッドコーチ祝賀会が開催されます!そこで、松田陽子は司会と歌を歌わせてもらいまする。(嬉しいな~阪神ファンだからっ)
そして、会費は2万円で一般のかたも参加出来るということなので、是非 興味のあるかたは、松田陽子にご一報ください。詳細を、お送りします!
当日は、藤川選手そのほかの方々・・・も参加していただきます!!
お楽しみに!!
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-18 21:35 | Comments(2)

ハードル
e0090970_17203235.jpg

前回に書いた亡くなった友達のために書いた詩・・・作曲は昔バンドを一緒にやったいた オカダシンイチさん・・・とても、いい曲だよ。

ハードル

雲の上までやってきて 一人旅 機内で・・・
君がどこかにいるような気がして 探してみたよ
あの頃まだまだ 若くて 傷ついてばかり
大人になれない僕らは まわり壊してた
もう一度 あの頃に 戻れるのなら・・・
君の若さ 止めないで一緒に歩きたかった・・・

いまでもみんな生きてるよ 君のぶんまで
高すぎたハードル今では 見下ろしているよ
もう一度 あの頃に 戻れるのなら・・・
君の若さ 止めないで一緒に歩きたかった・・・

もしも君が私のなかで生き続けるのなら
きみのあやまちと共に生きてみるよ


このハードルという題は、私たちの担任の先生がお葬式で「彼女は、みんなが簡単に当たり前に越えれるハードルを 飛び越えることができなかった・・・。」
と話してくれたのでそう名付けました。
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-17 17:30 | Comments(6)

私はウインドサーファーだぁ!!セブンシーズへ行こう!!
e0090970_19312527.jpg

私がウインドサーフィン(ヨットの帆みたいなのがついてるサーフィン)に出会ったのは、高校3年生のとき。10才も年上のプロウインドサーファーKちゃんと付き合い始めたのがきっかけだったんだけど、彼との付き合いは、私の結婚生活よりも長く一緒にいた・・・。(笑)

ちょうど、彼と出会う前に私の高校の親友が自殺した・・・。「一緒に関西外大に受かろう!」と勉強したり、「今 精神的にあかんねん・・・。」「どうやったらこの状態から抜けれるのかな・・・?もう、死にたいな・・・。」と、かなり心の深い部分を唯一話し合える親友だっただけに、彼女の死後は、かなり自分を責めた・・・。私だったら、彼女の死を止められたはずなのに・・・。本当は、自分が先に死んでいたかもしれないのに・・・。何をしても、どれだけ忘れようとしても、無理な話で人生って、生きていて苦しいばかりじゃない?!と日々、生活していたときだった。

こんな重い話をして、みんな返す言葉もない中でKちゃんだけは違った・・・。「ばかやろう!生きるってことはスゲーことなんだよ!!生きている限りどんなことがあっても、ハッピーに笑っていきるんだよ!!人間はみんな、ハッピーになるために生まれてきたんだよ!!」と、ずっとウジウジ苦しむ私にこう怒鳴り散らしてくれた・・・。そのときに、彼の生き方や彼のしていることにとても魅かれウインドサーフィンを始めた。

大きな海の上を走っていると、大自然の中の自分はとてもちっぽけで、自然のパワーをたくさん吸収すると、ものの考え方が明るいほうへ前へ向いてくる変化を感じた・・・。人は、お日様の光を浴びるとこんなに幸せを感じてくるんだな・・・。と、ウインドサーフィンは私にたくさんのパワーを与えてくれている。

その頃から、私を妹みたいにかわいがってくれている、セブンシーズの新嶋さん(ウインドサーフィンの神様と呼ばれたKちゃんの大先輩)のお陰で今、鎌倉の海の近くに住んでいる。この写真がそうですよっ 是非、このすばらしいウインドサーフィンを体験してみてくださいねっ!!

セブンシーズ (0467-22-7475)
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-16 20:35 | Comments(2)

突然、「癌です。」と言われたら、あなたはどうしますか?(No.3)
e0090970_0324588.jpg

入院生活でとても心が通じ合うおばちゃんがいた。目の前のベットでお互い向かい合って寝ているそのおばちゃんは、私なんかよりもっと大変な末期がんで手術も出来ない余命半年の状況だった。そのおばちゃんは、私を娘のようにかわいがってくれて、朝は「陽子ちゃ~ん、起き~や・・・おばちゃんが陽子ちゃんの朝ごはん食べてまうで~笑。」と起こしてくれたり、私がトイレに行って長い間帰ってこないと、一人で歩けないおばちゃんは歩行用パイプを握って、ふらふらしながら迎えにきてくれたりした。おばちゃんが抗がん剤と戦って、意識がもうろうとしているときは、私は自分のことのように苦しみそして、祈った・・・。

「こんなに生きるうえでしんどい状況なのに、おばちゃんは私を助けようと生きている。」そして「とても苦しい状況なのに、人にはその苦しみを投げずに、やさしさや笑顔を与えようとしてる・・・。」

ますます、私は感じた。もしガンが再発しないで、生きれるなら・・・。きっとそれは、神様からもらった大事なオプジョン(追加の)命・・・。

「これからは自分の人生、人のために生きてみよう・・・。」

純粋にそう思った・・・。そして、そう感じた瞬間に今まで出来なかった作曲が出来るようになった。頭に、メロディーが流れるようになった・・・。ひょっとして、これを人前で歌え・・・。ってことなのかな・・・?その当時、専業主婦で歌手になるのを諦めていた私は、ふっとそう感じた。

病気や事故なんて、ないほうがいいに決まってる。でも、もしそうなったら、あなたはあなたの残された命をどう使いますか・・・?あと、半年の時間しかないのなら、どういう生き方をしますか・・・?もし、今と変わらない生き方をチョイスするならきっと、自分に正直で充実されている生き方をしているのでしょう。でも、そうでなければ・・・?その答えは、あなたの心の深い部分で、きっともう抱いているかもしれませんね・・・。
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-16 01:03 | Comments(2)

突然、「癌です。」と言われたら、あなたはどうしますか?(No.2)
e0090970_23345069.jpg
まずは、全身麻酔。これは、今でも覚えているが本当に不思議なくらい落ちる。「はい、今から全身麻酔をします。名前を呼んだら、返事をしてください。」「マツダさん~」「はい。」「マツダさん~」「はい。」と2回、返事をしたのを覚えているが、その後、突然部屋の電気をパチっ!と消したように真っ暗な世界に入る。人間が死んで、体から魂が抜けるときはこんなのかなぁ・・・?と思った。そして、夢の世界。そして、いよいよ苦しい現実・・・。

手術は4時間。そして、器官に通された管を口から取られた瞬間「ゴボゴボっ。」人間ばなれした音と同時に自分で呼吸をスタートする。「苦しい・・・つらい・・・」と言いたいけど、言葉にもならなくて「ウ~ウ~・・・」と体から音がでる。さっきの麻酔からは天国と地獄で、本当にホワホワした天国から、一気に地獄に突き落とされ再び、命をもらった気がした・・・。

鼻から背中、両腕、手術後の血を抜く管、尿の管・・・。全身管まみれで、両腕も両足も術後に動くと危険なのでベットの端にくくりつけられ、身動きができないように縛られていた。今、思い出してもとても寒くなる。人間、こんなになっても生きてるんだ・・・。と感じた。

1週間がたって、「早く立ちたい!」と言った。看護婦さんに、「まだ早すぎる。手術で1リットル以上出血しているから、貧血で倒れる!」と言われたが、どうしても自分で、自分の足でトイレにいきたかった・・・。でも、1歩足を踏み出した瞬間、すごい耳鳴りに襲われ、上からすごい圧で押さえつけられている感じがして、真っ暗になって倒れた。しばらくして意識が戻り、そのとき初めて「うわ~~!!」と、声を出して泣けた・・・。「トイレに一人で行きたい!行きたいだけなのに~~!」と言って、看護婦さんの前で子供のように泣いた・・・。彼女は、「大丈夫、もうすぐ一人で立てるから。本当に、すぐだから!!」といって、私に手を貸してくれた。

今まで、当たり前に自分の足で立ち、トイレも自分で出来る。たったそれだけの当たり前が、出来ない状態・・・。これまでの人生、どちらかというと勝ち組な私で、「出来ないんじゃない!努力不足なだけ!!」と生きてきた・・・。その私が、一人で立つことすら出来ない・・・。自分の生き方が、全否定されているようにとても悔しかった・・・。

でも目の前には、そんな惨めな私に手をさし伸ばしてくれる看護婦さんがいて、惨めだろうと、なんだろうと今、その彼女の手を借りて、まず立たなければいけない私がいた・・・。ふっと、「私は、こうやって今まで、人に手を差し伸べてあげる生き方をしていたか・・・?」と疑問に感じた・・・。
[PR]
# by selfyoko | 2005-11-16 00:29 | Comments(1)


ライブ情報、イベント情報、日常の気づきを公開しています
LINKS
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
アルバイト紹介の情報
from アルバイトのクチコミ情報
蒲原屋のご用命はサイトを..
from 独自の乾物 雑穀なら蒲原屋に..
アルバイト紹介の情報
from アルバイトのクチコミ情報
ミチュラン 出会い系詐欺..
from トラブル解決無料相談センター
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
これくらい 知ってるよね?
from 格安 無料 情報
super☆girls ..
from 妊娠や中絶経験のある現役アイ..
【動画あり】フライデーで..
from 同僚社員との交際が発覚した日..
芸能界のタブーな真実から..
from 最新の芸能情報ならここから!
檀蜜 フライデーヘアヌー..
from 福山雅治も大絶賛のタレント≪..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧